着物の基礎知識

初心者の方でも着物に親しんでいただけるよう、着物やゆかたの着付け基礎知識や、
着物の扱いに関してのふとした疑問にお答えいたします。
着物を着るのがより楽しくなるような、役立つ情報をご紹介いたします。

【大阪】きものでお出かけしたい!ホタル鑑賞スポット

着物の基礎知識

初夏~夏の風物詩として知られる、ホタル。幻想的な光を放ちながら、飛び交う光景は夏の訪れを感じさせてくれますよね。そんなホタルですが、実は大阪でも鑑賞できるスポットがあるということをご存知でしょうか?

ゲンジボタルやヘイケボタルをはじめとする、ホタルが飛び交う様子を鑑賞できますよ。そこで今回は、大阪でホタル観賞ができるスポットについてご紹介していきます。お気に入りのきものを身に着けて、ホタル観賞にお出かけしてみてはいかがでしょうか?

大阪でホタル観賞ができるスポット!

夏の訪れを感じさせるホタル。早いところだと、5月の中旬や下旬からホタルを鑑賞できるスポットもあります。例年ホタルの鑑賞時期は異なるので、公式サイトなどをチェックの上、訪れましょう。

今回は、「菅原神社」「太閤園」「西河原公園」「万博公園」「新梅田シティ・中自然の森」の5スポットをご紹介していきます。さっそく、それぞれのスポットについて詳しく見ていきます。

菅原神社

まずご紹介するのは、堺にある「菅原神社」。学問の神として知られる、菅原道真公を祀っている神社です。ほかにも、農業の神様の天穂日命(あめのほひのみこと)や相撲の神様の野見宿祢(のみのすくね)を祀っています。

「菅原神社」では、40年ほど前から「ホタル観賞会」を実施。例年6月中旬に2日間おこなわれており、当日は約800~1,000匹のホタルが飛び交い、幻想的な情景をつくります。こちらで見られるホタルは、ゲンジボタルとヘイケボタルです。

太閤園

「太閤園」は、約8,000坪の敷地に、四季折々の姿をのぞかせる築山式回遊庭園が広がる迎賓館。会議やレストラン、ウェディングなど幅広いシチュエーションで利用されています。そんな「太閤園」で毎年初夏に開催されているのが、「ホタル物語」というイベント。

2019年は、5月17日(金)~6月23日(日)の開催が予定されています。日没~22時までの間、小川周辺でゲンジボタルやヘイケボタルの鑑賞ができますよ。期間中は、ゴスペルコンサートのほか、「蛍ビアテラス」などの期間限定(6/1~23)イベントも開催される予定です。

西河原公園

茨木市にある「西河原公園」でも、ホタル観賞会がおこなわれています。「大阪緑の百選」に選ばれた緑豊かな公園で、ホタルのほかにも、野鳥や昆虫などさまざまな生物を目にすることができます。

「西河原公園」で「ホタル鑑賞会」がおこなわれるのは、例年6月上旬。かつては、幼虫の飼育を行っていたようですが、現在は自然生息を進めているとのこと。そのため、時期がずれることもあるようです。茨木市の公式サイトをチェックの上、足を運んでみてはいかがでしょうか?

万博記念公園

1970年におこなわれた日本万国博覧会の跡地を利用した、「万博記念公園」。広大な土地のなかに、日本庭園や太陽の塔、博物館などさまざまな施設があります。

そんな「万博記念公園」の日本庭園で夏の風物詩として親しまれているのが、「蛍の夕べ」例年5月下旬~6月上旬にかけておこなわれるイベントで、ゲンジボタルとヘイケボタルの鑑賞ができます。開催時期やイベントの詳細については、公式サイトをご確認ください。

中自然の森

最後にご紹介するのは、新梅田シティにある「中自然の森」。都心とは思えない緑豊かな環境が広がるスポットで、2,100本の木々のほか、滝や小川なども有しています。

「中自然の森」では6月ごろになると、ホタルが舞い始めます。この時期には、イベントも開催。放流&自然繁殖したホタルたちの姿を目にすることができますよ。都会の中心で、ホタルの幻想的な光を見に行ってはいかがでしょうか?

ホタル鑑賞の注意点とは?

ホタル=光るというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、日本にいる約50種類ものホタルのうちのほとんどが、光らないと言われています。そんななかでも光るホタルが、私たちもよく知っている「ゲンジボタル」や「ヘイケボタル」なのです。

とくに夜の19時~21時ごろによく飛ぶとされているので、その時間帯を目安にお出かけするのがおすすめ。また、曇りで風がなく、湿度の高い状態もホタルがよく飛ぶ条件です。お天気などを確認し、お出かけしてみてはいかがでしょうか?

そんなホタルですが、きれいな環境にしか住めない生き物のため、その数を減らしているといわれています。ホタルを鑑賞するときは、ホタルの住む場所を汚さないのはもちろん、ホタルを捕まえたりするのもNG。強い光を嫌うため、フラッシュなどの撮影も避けなければなりません。マナーを守って、ホタルの鑑賞を楽しみましょう。

きもので幻想的なホタルの光を楽しもう!

初夏~夏にかけて楽しめる、ホタル観賞。日本の伝統衣装であるきものを着てお出かけすれば、より一層風情ある雰囲気を楽しめますよ。気温が上がってきたら、ゆかたでお出かけするのもおすすめです。夏ならではの風物詩を楽しんでみてはいかがでしょうか?

きものやゆかたを選ぶときは、ホタルのデザインが施されているものもおすすめ。もちろん、帯や小物に取り入れてもOKです。ぜひ、夏らしさを感じるきものやゆかたで、お出かけをしてみてくださいね。

着楽楽着付け教室の案内

  • あべのアポロ校
    大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-31 あべのアポロビルB1F
    詳細はこちら
  • 泉ヶ丘校
    大阪府堺市南区茶山台1丁3番1号 タカシマヤパンジョ2階
    詳細はこちら
  • きもの館校
    大阪府富田林市昭和町2-2-10
    詳細はこちら
  • 千代田校
    大阪府河内長野市楠町東1584-8
    詳細はこちら
  • 松原校
    大阪府松原市上田3丁目6-1 ゆめニティまつばら2F
    詳細はこちら
  • ロゼ校
    大阪府富田林市向陽台3丁目1-1 エコール・ロゼ2F
    詳細はこちら
  • 泉大津校
    大阪府泉大津市旭町18-3 いずみおおつCITY1階
    詳細はこちら
  • 岸和田校
    大阪府岸和田市春木若松町21-1 ラパーク岸和田1F
    詳細はこちら
  • 千里中央校
    大阪府豊中市新千里東町1-1-3 イオンSENRITO専門館3F
    詳細はこちら
pageTop