まだ間にあう!夏着物&浴衣でお出かけしたい大阪のイベント10選

  1. >
  2. >
  3. >

まだ間にあう!夏着物&浴衣でお出かけしたい大阪のイベント10選


早いものでもう8月。浴衣や夏着物は、十分に楽しみましたか?なかには、7月中は忙しくて浴衣を着る機会がなかったという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな人におすすめしたい、8月中に大阪で開催される着物&浴衣でお出かけしたいイベントをご紹介します。夏真っ盛りの大阪で、着物&浴衣姿を楽しんでくださいね。

 

 

1.【7月14日(金)~8月6日(日)】FUN FUN FESTA2017 -夏祭り-

7月中旬から開催されている大阪ステーションシティのイベントです。会場内には、やぐら風提灯オブジェ&ポールや人力車花装飾など様々な装飾が施され、夏らしい雰囲気が満載です。

カフェ「バール・デルソーレ」では、かき氷や綿菓子、フランクフルトなど夏まつりの定番メニューを販売。足を運ぶだけで夏まつり気分を味わうことができそうですね。

最終日の8月6日には、ネイル体験ができるイベントも。浴衣に合ったネイルをして、街中におでかけするというのもおすすめですよ。

開催日時:7月14日(金)~8月6日(日)
会場:JR大阪駅5階 時空の広場
公式サイト:http://osakastationcity.com/fff/

 

2.【7月15日(土)~8月31日(木)】サマーフェスタ箕面公園2017

期間中、箕面大滝までの滝道を幻想的にライトアップするイベントです。着物や浴衣で、普段とは違った幻想的な景色をお楽しみください。

また、関連イベントとして、7月1日(土)~10月29日(日)まで箕面川沿いに川床が登場します。出店するお店は、「磯よし」と「音羽山荘梅屋敷」の2店。どちらも川のせせらぎを聞きながら、ゆっくりと過ごせそうですね。

「磯よし」では、はも鍋付き幕の内セット(3,900円)やすき焼きセット(6,200円)、「音羽山荘梅屋敷」では、夏の川床会席「大滝」(4,500円)などがいただけます。どちらも要予約とのことなので、気になる方は事前にチェックをしてから足を運びましょう。

開催日時:7月15日(土)~8月31日(木)日没~22:00
会場:箕面大滝、修業の古場、瀧安寺、一の橋他府営箕面公園内
公式サイト:http://minohkankou.net/news/events/summerfesta/
http://www.city.minoh.lg.jp/eigyou/kawayuka2017.html

 

3.【8月5日(土)】第29回なにわ淀川花火大会

続いてご紹介するのは、毎年淀川の河川敷で行われている「なにわ淀川花火大会」。大阪の夏の風物詩として多くの人たちから親しまれているイベントで、迫力ある花火が楽しめます。花火大会は、浴衣で訪れる人が多いので、気負わずに着物や浴衣でお出かけできるイベントのひとつですね。

第29回を数える2017年の花火大会では、ダイナミックな水中花火や10号玉10連発などが見どころです。オープニングからグランドフィナーレまで目が離せない至極の演出をぜひお楽しみください。

開催日時:8月5日(土)19:40~20:40
会場:新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷
公式サイト:http://www.yodohanabi.com/

 

4.【8月8日(火)】第62回茨木辯天花火大会

辯天宗冥應寺の境内で行われる「茨木辯天花火大会」は、昭和31年に宗祖と地域市民に楽しんでもらいたいということから始まった花火大会です。

1時間のイベントの間に約3,000発もの美しい花火が打ち上げられます。スターマインや桔梗の花火など見どころも多く、最後まで楽しむことができますよ。

開催日時:8月8日(火)19:30~
会場:大阪府茨木市 辯天宗冥應寺境内
公式サイト:http://www.bentenshu.or.jp/

 

5.【8月19日(土)】第69回猪名川花火大会

毎年、大阪府池田市と兵庫県川西市が共同で開催をしている花火大会が今年も開催。3部構成になっており、約4,000発もの迫力ある花火が夜空を華やかに彩ります。

例年、池田駅から近い第1会場は混雑するとのことなので、駅から少し歩いた第2会場がおすすめです。時間に余裕がある方は、第2会場も検討してみてはいかがでしょうか?

開催日時:8月19日(土)19:20~20:20 ※荒天の場合は翌日に順延
会場:兵庫県川西市小花2丁目付近 猪名川河川敷
公式サイト:http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/shokai/kisetu/hanabi.html
 

 

6.【8月24日(木)、25日(金)】北御堂 盆おどり

8月下旬に北御堂で行われる盆踊りは、夏の風物詩とも言えるイベントです。平日の夜に開催されるので、仕事終わりの友人やご家族を誘ってお出かけしてはいかがでしょうか。

色鮮やかな燈籠が、境内を彩り、お祭り気分を盛り上げてくれます。屋台で美味しいご飯を食べて、みんなで踊りを楽しめる、夏の思い出となるイベントです。

開催日時:8月24日(木)、25日(金)17:15~
会場:大阪市中央区本町4-1-3 北御堂
公式サイト:http://www.kitamido.or.jp/html/n1c4.html

 

7.【8月26日(土)】富田林寺内町燈路

富田林寺内町は、江戸時代の民家が残る地区で、1997年に国の重要伝統的建造物保存地区にも選ばれています。そんな富田林寺内町地区で毎年8月に開催されているのが、「富田林寺内町燈路」というイベントです。

2004年から開催されているイベントで、約1,000基もの行灯が通りの両側に並べられ、幻想的な雰囲気を作り出します。レトロな雰囲気は、着物との相性が良いので、昼からゆっくりと散策をしてはいかがでしょうか?

開催日時:8月26日(土)17:00~21:00 ※燈路点灯は18:30~
会場:富田林寺内町界隈
公式サイト:http://tondabayashi-navi.com/index.html

 

8.【8月26日(土)、27日(日)】第一回大阪泉州夏祭り

「大阪泉州夏祭り」は、音楽や花火、グルメなどが一度に楽しめる今年初開催のイベントです。2日間の間には様々なイベントが開催されますが、なかでも見どころのひとつとなっているのが、「泉南光と音の夢花火」。両日20時から開催される花火大会で、約10,000発(2日間合計)もの花火を見ることができます。有料エリアもあり、こちらでは、音楽と花火が調和した最先端の花火を楽しむことができますよ。

また、10時から21時までは「肉フェス」が開催されています。日本各地の肉料理が一堂に会したイベントで、お腹をしっかりみたしてくださいね。さらにこちらのエリアでは、18時から20までの花火が始まるまでの数時間、盆踊りが開催されています。浴衣や着物姿で踊れば、夏らしさもひとしおですね。

開催日時:8月26日(土)、27日(日)
会場:大阪泉南タルイサザンビーチ
公式サイト:http://senshu-natsumatsuri.com/

 

9.【8月27日(日)、28日(月)】難波別院 南御堂盆おどり

毎年27日・28日に開催をしている「難波別院 南御堂盆おどり」は、例年多くの人が訪れるイベントです。生演奏による盆踊りを楽しむことができます。

2017年は建て替え工事のため、例年よりも規模が縮小されるとのことですが、着物や浴衣を着ていくには絶好の機会ですよ。

開催日時:8月27日(日)、28日(月)18:00~21:30
会場:大阪市中央区久太郎町4-1-11 真宗大谷派難波別院 南御堂
公式サイト:http://minamimido.jp/

 

10.【7月・8月中毎週火曜特典有】髙島屋大阪店 屋上ビアガーデン キラビア

最後にご紹介するのは、髙島屋大阪店の屋上で開催されているビアガーデン「キラビア」です。

アジアンフードやドリンクメニューが充実しているビアガーデンで、通常、1人3,800円(中学生以上)で利用できますが、7月・8月毎週火曜に限定で浴衣や甚平を来て来店すると300円OFFの3,500円で過ごすことができます。

タイ料理やベトナム料理、シンガポール料理といったアジアンテイストの料理と美味しいお酒を楽しみに家族みんなでお出かけしてはいかがでしょうか。

開催日時:17:30~22:00
会場:大阪府大阪市中央区難波5-1-5 大阪タカシマヤ屋上ガーデン
公式サイト:https://www.takashimaya.co.jp/osaka/beergarden/

 

 
いかがでしたでしょうか?今回は、8月に着物や浴衣でお出かけしたい大阪のイベントを10個ご紹介しました。

大阪では、8月に入ってからも着物や浴衣を着てお出かけしたいイベントが盛りだくさんです。「まだ浴衣を満喫しきれていない」「まだまだ浴衣or夏着物を着たい」という人は今回ご紹介したイベントにお出かけしてみてくださいね。

お気に入りの着物&浴衣で、夏をより一層楽しんではいかがでしょうか?

無料体験申し込みボタン お問い合わせボタン