カメラ片手にきものお出かけ! 大阪のレトロな建造物 5選

  1. >
  2. >
  3. >

カメラ片手にきものお出かけ! 大阪のレトロな建造物 5選



きものが似合う場所といえば、お寺や神社など、和の雰囲気が色濃いスポットを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、ノスタルジーな空間が広がるレトロな建造物も、きものでお出かけするのにピッタリなスポットです。

そこで今回は、大阪にあるレトロな建造物をご紹介していきます。アンティークきもので訪れれば、まるで大正や明治の時代にタイムスリップしたかのような気分が味わえますよ。ぜひカメラを片手に、お気に入りのきものを着てお出かけしてみてはいかがでしょうか。

※画像は、大阪府立中之島図書館です。

 

大阪のレトロな建造物をきもので散策!


※画像は、日本銀行大阪支店です。

普段何気なく歩いているとあまり気に留めませんが、実は大阪には明治や大正時代に作られたレトロな建築物がたくさん。なかには、外観のみならず内部を見学できるスポットもあり、古き良き時代を間近で感じることができます。

今回は、そんな大阪のレトロな建造物のなかから「大阪市中央公会堂」「大阪府立中之島図書館」「日本銀行大阪支店」「綿業会館」「泉布館」の5スポットをご紹介します。さっそくどんなスポットなのか、見ていきましょう!

 

大阪市中央公会堂

まずご紹介するのは、大阪の中之島にある「大阪市中央公会堂」。大正7年にオープンした施設で、これまでコンサートや講演会などさまざまな催しに利用されてきました。国の重要文化財に指定されていますが、現在も現役の貸室として利用できます。

また「大阪市中央公会堂」では、毎週定期的に公会堂で働くスタッフによる、ガイドツアーを開催。貴賓室として利用されていた「特別室」などを見学できます。ガイドツアーでは、館内併設のレストランでのランチが付いたコースも。開催日を公式サイトでチェックの上、事前に申し込んでから足を運んでくださいね。

 

大阪府立中之島図書館

続いてご紹介するのも、大阪・中之島にある建造物。こちらの「大阪府立中之島図書館」は、明治37年に建てられた建物で、現在も図書館として利用されています。昭和49年に国の重要文化財に指定された、貴重な建物です。

ルネッサンス様式の外観に対し、建物内部はバロック様式となっているのが特徴。図書館の2階には、北欧料理を扱うカフェがあり、ゆったりと過ごせます。散策中にお腹が空いた方は、ぜひ来店してみてはいかがでしょうか?

 

日本銀行大阪支店

大阪・中之島にある「日本銀行大阪支店」。元々は大阪の別の土地にありましたが、明治36年に移転し、昭和57年に復元や改築工事などが行われ、現在に至ります。設計を手掛けたのは、東京駅や日本銀行本店(旧館)などを手掛けた辰野金吾氏です。

また「日本銀行大阪支店」では、平日(※一部除く)に支店内を見学することができます。事前予約制で、5名から見学可能となっているので家族や友達を誘って訪れたいですね。日本銀行やお札について知ることができるほか、旧館の「記念室」も見学できますよ。

 

綿業会館

「綿業会館」は、備前町にある建造物で、昭和6年に竣工。国の重要文化財にも指定されています。イタリアルネッサンス調の玄関ホールの頭上には、シャンデリアが輝いています。談話室や会員食堂なども、豪華な装いが感じられる空間です。

「綿業会館」では、毎月第4土曜日に2部制で館内見学を実施(※12月は第2土曜)しています。見学のみのコースのほか、昼食付きのコースもあり、どちらも事前に電話予約が必要です。貴重な建造物を見学してみてはいかがでしょうか。

 

泉布観

最後にご紹介するのは、大阪・北区にある「泉布観(せんぷかん)」。桜の通り抜けで知られる「大阪造幣局」のすぐそばにある建物で、明治4年に建築。国の重要文化財に指定されています。ヴェランダ・コロニアル様式という、ベランダに囲まれた総煉瓦造りの建物が特徴です。

英国人技師による設計で、内部はシャンデリアなどが施されています。基本的に内部の見学はできませんが、例年3月に3日間程度一般公開が行われます。内部の見学をしたい人は、情報をよくチェックしておくようにしましょう。

 

大阪には、他にもレトロな建造物がたくさん!

今回は、「大阪市中央公会堂」「大阪府立中之島図書館」「日本銀行大阪支店」「綿業会館」「泉布館」の5つのレトロな建造物をご紹介しましたが、これは大阪にあるレトロな建造物のなかでもほんの一部にすぎません。

とくに中之島エリアは、レトロな建造物が残る街として知られています。レトロな建造物を眺めに、お出かけするのもいいでしょう。

 

きもの姿でレトロな建造物巡りを楽しもう


※画像は、泉布館です。

きものでお出かけというと、つい和のスポットに足を運んでしまいがちですが、今回ご紹介したようなレトロな雰囲気の建物にお出かけするのもおすすめです。いつもとは違った雰囲気のお出かけを満喫できますよ。

もちろんお出かけするときは、お気に入りのきものを忘れずに。アンティークなデザインのきものを着ていくと、背景も相まって、まるでタイムスリップしたかのような気分が味わえますよ。ぜひきもの姿で、大阪のレトロな建造物巡りを楽しんでくださいね。

無料体験申し込みボタン お問い合わせボタン

7月生の受講もまだ間に合います!