知っておきたい着物の豆知識! 着物用語【着物の部位編】

  1. >
  2. >
  3. >

知っておきたい着物の豆知識! 着物用語【着物の部位編】



日本の伝統衣装として、古くから親しまれている着物。現在でも多くの人が日常着やフォーマル着として愛用しています。その一方で、初心者にはとっつきにくいイメージがあるのも事実です。ルールや価格などその理由はさまざまですが、その一つとして挙げられるのが、着物ならではの用語でしょう。

着物の着付けをちょっと調べただけでも、「おはしょり」や「身八つ口」など聞き慣れない単語が多く並んでいますよね。一見難しいもののように思えますが、実はどれも一度覚えてしまえば簡単なものばかりです。そこで今回は、知っておくと便利な着物用語をご紹介していきます。

 

着物用語【着物の部位編】


まずは、着物の各部位の名称を見ていきましょう。どの部分を指す言葉なのか知っておくと、着物に関する情報が書かれたサイトや本を読むときに役立ちますよ。

 

衿(えり)

洋服と同様に、着物にも衿があります。衿元を左右対称に着付けることが、美しく着物を着こなす第一歩です。着物の衿は、その形状からいくつかの種類に分けられます。着物の種類によって使われている衿が異なるので、見比べてみると面白いかもしれません。

  • 広衿……衿幅が3寸のもの。女性用の着物に使われています。
  • ばち衿……衿肩回り(※うなじ部分の衿のこと)の幅が1寸5分なのに対し、衿先が2寸に広がっているもの。女性用の長襦袢に使われています。
  • 棒衿……衿幅が1寸5分のもの。ゆかたや男性用の着物に使われています。

 

半衿(はんえり)

着物を着たとき衿の内側から覗く衿のことで、着物の下に着る襦袢に縫い付けて使います。フォーマルな場面では白い半衿を身に着けるのが一般的です。

最近ではレースやビーズなどの装飾が付いた華やかなものも販売されています。半衿を変えるだけで顔周りの印象が変わるので、着物のコーディネートに変化を付けるアイテムとしても重宝しますよ。

 

衣紋(えもん)

衣紋とは、着物の後ろの衿のこと。「衣紋を抜く」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは衿を少し後ろにずらすということです。男性用の着物では衣紋を抜きませんが、女性用の着物では衣紋を抜きます。

一般的に衣紋は、こぶし1つ分程抜くのが目安。しかし、着物の格や髪形、体形によって微妙に抜き加減をかえることもあります。

 

背中心(せちゅしん)

背中心は、着物を着たときに背中部分にくる着物の縫い目のこと。この背中心が背中の中央に沿うように着物を着こなすのが、美しい着付けのポイントです。背中心は、背縫いということもあります。

 

上前(うわまえ)/下前(したまえ)

上前は、着物を着付けたときに外側にくる部分のこと。一方、下前は着物着付けたときに内側にくる部分のことを指します。

 

前身頃(まえみごろ)/後身頃(うしろみごろ)

前身頃は、胸や胴体を覆う着物の前の部分を指す言葉。後身頃は逆に背中を覆う着物の後ろ部分を指す言葉です。

 

衽(おくみ)

衿から裾にかけて左右の前身頃に付ける、半幅の布のことを指します。着付けをするときに衽線が上と下で縦にそろっていると、美しい着物姿になります。

 

帯(おび)

着物を着付けるときに用いる細長い布で、腹部に巻き付けるようにして使います。さまざまな種類があり、格によって使用シーンが異なります。使われることの多い、袋帯、名古屋帯、半巾帯を例に見てみましょう。

  • 袋帯……フォーマルな場面で使われる留袖や振袖などに合わせる帯です。
  • 名古屋帯……カジュアルな場面で使われる帯です。物によってはセミフォーマルな場面でも活躍します。
  • 半巾帯……小紋や浴衣などカジュアルな着物に使われます。

 

お太鼓(おたいこ)

お太鼓とは、着物の帯の結び方の一つ。帯結びのなかでもとくに基本とされる結び方です。帯結びは他にもさまざまな結び方があり、帯の種類やシチュエーションによって適した結び方が異なります。

 

帯揚げ(おびあげ)

帯枕(※)を包むようにして使い、帯枕の紐を隠してくれます。帯から少し見えるため、コーディネートのポイントとしての役割もあります。

※帯枕(おびまくら)は、帯の形を整えるための道具。

 

帯締め(おびじめ)

帯を締めるための紐。帯の中央位置し、コーディネートのポイントとなってくれます。さまざまな種類の帯締めがあるので、着物に合わせてコーディネートしましょう。

 

おはしょり

着物を着付けたときに、帯の下に出ている部分。男性用の着物にはなく、女性ならではの部位です。現在のようなおはしょりの形になったのは明治中期。江戸時代前期は、おはしょりをつくらない着付けが一般的でした。現在は、5~6cmの長さが目安。

おはしょりがよれていると、だらしない印象になってしまうので、真っすぐときれいにおはしょりをつくることを目指しましょう。

 

身八つ口(みやつぐち)

身八つ口は、脇の部分にあるあきのこと。女性用または子ども用の着物にあり、男性用の着物にはありません。おはしょりや衿を整えるときなどに、この部分に手を通します。

 

袖(そで)

左右の腕を覆う着物の部分のこと。袖の長さは、身長の3分の1が目安で、格や好みによって変わります。短いほど軽やかな印象になり、長いと上品な印象に映ります。

袖が長い着物として有名なのが、振袖。未婚女性の正装として知られています。振袖は、袖の長さが長いほど格が高く、袖の長さから小振袖、中振袖、本振袖に分けられます。

 

袂(たもと)

袖の袋状になった、下の部分のことを袂と言います。洋服のポケットのように活用することもあります。また行動をともにしていた人との関係を断つという意味を持つ「袂を分かつ」ということわざがありますが、これは着物の袂が元になっているんですよ。

 

裾(すそ)

着物の一番下の部分を裾と言います。裾は、短すぎても長すぎてもNG。草履を履いたときにちょうどいい長さになるよう着付けるのがポイントです。鏡を見ながら、慎重に合わせていきましょう。

 

八掛(はっかけ)

袷(※)の着物に付ける、裾の裏地のこと。裾回しともいいます。全部で8枚の布を付けることが、八掛と呼ばれる由縁です。

八掛は通常時は見えない部分ですが、歩いたときなどにチラっと見えます。そのため、隠れたオシャレとしてあえて派手な色を選択する人もいるんですよ。

※袷(あわせ)とは、裏地のある着物。10月~5月にかけて着る着物です。ちなみに、6月・9月は単衣(ひとえ)の着物、7月・8月の暑い時期は薄物(うすもの)という種類の着物を着ます。このような季節によって異なる着物の種類は、「着物の衣替えっていつ?季節によって変わる着物の種類を知ろう」で詳しく紹介しています。興味がある人はチェックしてくださいね。

 

身丈(みたけ)/着丈(きたけ)

身丈は、肩山(※)から裾までの長さを指す言葉です。一方着丈は、着物を着付けたあとの長さのこと。一般的に衿づけから裾までの長さを指します。着丈は、身長×(80~83)÷100で計算することも可能です。

※肩山は、前身頃と後身頃の境界線の部分です。

 

着物を身近な存在に!


初めて聞く単語が多く、難しい、すぐに覚えられないという印象を抱いた人もいるかもしれませんね。しかし、着付けを始めるなど着物に携わることで今回ご紹介した単語は自然と覚えていけるものです。

単語がわかると、さらに着物が身近なものに感じられますよ。着物に興味がある、人はお近くの着付け教室に通ってみてはいかがでしょうか。

無料体験申し込みボタン お問い合わせボタン