【2018年版】浴衣・夏着物でお出かけしたい! 関西の花火大会情報

  1. >
  2. >
  3. >

【2018年版】浴衣・夏着物でお出かけしたい! 関西の花火大会情報



浴衣、夏着物を着ていきたい夏のお出かけスポットといえば、「花火大会」ですよね。関西地方では毎年、全国的にも有名な花火大会がいくつも開催されています。家族で毎年楽しんでいる、という人も多いのではないでしょうか?

2018年も気になる花火大会がたくさん。今回は、お出かけしやすい大阪を中心に関西の花火大会情報をご紹介していきます。お気に入りの浴衣や夏着物を着て、花火大会にお出かけしてくださいね。

 

大阪の花火大会情報


※画像は、なにわ淀川花火大会の様子です。

まずは、大阪の花火大会情報を見ていきましょう。今年も「天神祭奉納花火」をはじめ、さまざまな花火大会が開催される予定です。

混雑が予想される花火大会では、あらかじめ有料席のチケットを購入しておくというのもおすすめ。場所取りの手間がなくなるので、ゆっくり花火を楽しむことができますよ。既に販売している花火大会もあるので、気になる人は早目にチェックしてみてはいかがでしょう。

 

7月25日/天神祭 奉納花火

日本三大祭りのひとつとして、大阪の夏の風物詩となっている「天神祭」。その見どころとなっているのが、19時頃からはじまる「奉納花火」です。約4,000~5,000発もの花火が打ち上げられる光景は圧巻。川崎公園、桜ノ宮公園の2カ所から大阪の夜空に打ち上げられる、ダイナミックな花火を楽しむことができます。

とくに桜宮公園中央広場周辺は、屋台も出ている人気のエリア。良い場所で花火を見たいのであれば、早目に場所取りに向かうことをおすすめします。天神祭の神事とともに、大阪随一の花火を楽しんでみてはいかがでしょう?

 

8月4日/第30回記念大会 なにわ淀川花火大会

2018年に節目となる30回目を迎える「なにわ淀川花火大会」。曲に合わせて、さまざまな花火が花開きます。「水都夢花壇 -すいとゆめかだん-」という特別な演出プログラムがあるのも記念大会ならでは。今年だけしか見られない特別な水中花火の演出は、要チェックです。

その他、映画「ラ・ラ・ランド」の「Another day of sun」や安室奈美恵さんの「Hero」など、有名楽曲とともに迫力ある花火ショーを楽しめます。

 

8月12日~14日/ハーベストの丘 光と音のスペシャル花火

動物たちとのふれあいやクラフト体験ができる堺市の体験型農業公園「ハーベストの丘」。毎年お盆に開催している花火大会を今年は、3日連続で開催します。約2,000発の打ち上げ花火が音楽に合わせて次々と打ちあがっていきます。

期間中は、ソーセージやかき氷の屋台もあるので、お祭り気分で楽しめそうですね。16時以降は、花火目当てのお客さんが多くくるので、早目の来場推奨です。子どもが楽しめるスポットも多いので、子連れで花火を楽しみたいという家族にもおすすめですよ。

 

9月1日~2日/泉州 光と音の夢花火

「泉州 光と音の夢花火」は、「大阪泉州夏祭り」のエンディングとなる花火大会。大型音楽フェス、アクアパーク、肉フェス、盆踊り、花火が一度に楽しめるイベントです。花火大会は2日間に渡って開催され、今年は20,000発の打ち上げを目標にしています。

また、花火大会は個人協賛に申し込むことで、打ち上げ時にかかる楽曲のリクエストをすることも可能です。(8月10日迄)応募があった曲のうち、上位14曲は実際に花火大会の打ち上げ曲として流れますよ。思い出の曲があるという人は、応募してみてはいかがでしょうか。

 

関西エリアの花火大会情報(大阪を除く)


※画像は、びわ湖花火大会の様子です。

続いてご紹介するのは、大阪を除く関西エリアの花火大会情報です。いつも大阪の花火大会を見に行っているという人は、今年は気分を変えて他府県の花火大会を見に行ってみてはいかがでしょう。

ここからは、関西エリアで開催されているおすすめの花火大会をピックアップしてご紹介します。花火大会当日は交通規制がおこなわれる場合も多いので、計画的にお出かけを楽しんでくださいね。

 

7月27日/長浜・北びわ湖大花火大会2018【滋賀】

7月27日に開催される「長浜・北びわ湖大花火大会2018」は、長浜港、豊公園一帯を会場とする花火大会。スターマインをメインとした美しい花火が、滋賀の夜空を華やかに染め上げます。約1時間、10,000発もの花火が打ち上げられます。

席取りをするのが大変という人には、開催日前日正午まで購入できる「特別協賛席」を購入してみてはいかがでしょうか?(残席があれば、当日も販売)正面から迫力ある花火を楽しむことができますよ。

 

8月4日/第48回みなとこうべ海上花火大会【兵庫】

「第48回みなとこうべ海上花火大会」は、1971年から続く歴史ある花火大会です。兵庫県政150周年を記念しておこなわれる今年は、15,000発の花火を打ち上げる予定。関西エリア屈指の花火大会として知られ、30万人の来場者を予定しています。

神戸の夜景とともに打ち上げる他では見られない花火大会を楽しんでみてはいかがでしょうか。「中突堤岸壁」をはじめ、露店も多数出店する予定なので、お祭り気分で花火を楽しめますよ。

 

8月7日/2018びわ湖大花火大会【滋賀】

約10,000発もの花火を打ち上げる「2018びわ湖大花火大会」。今年は、「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」をテーマにスターマインや3~10号玉などを打ち上げます。

関西エリアでも人気の花火大会のひとつですが、毎年有料観覧前売り席が販売されているので、ゆっくり花火が楽しみたい人はチェックしておきたいですね。公式Twitterでは、最新情報が掲載されているので、フォローすると役立ちますよ。

 

8月11日/第67回亀岡平和祭 保津川市民花火大会【京都】

平和を願い、毎年開催をしている「第67回亀岡平和祭 保津川市民花火大会」。今年は、去年より打ち上げ数が増え、7,000発もの花火が夜空に打ち上げられる予定です。「日本煙花芸術協会」の特選玉や「かめまる花火」、「ウルトラ特大スターマイン」など、さまざまな種類の花火が打ち上げられる見どころ満載の花火大会です。

また、関西唯一となる橋上観覧席がある花火大会としても知られています。橋の上に設置された有料観覧席から、ゆっくり花火を楽しむのも風情があっていいですね。

 

その他、関西エリアの花火大会情報

8月になると、毎週のように花火大会が開催される関西エリア。今回ご紹介した以外にもたくさんの花火大会があります。以下に今回ご紹介しきれなかったおすすめの花火大会情報を一部抜粋し、まとめました。花火大会を探す際の参考にしてくださいね。

  • 7月21日/第 40 回記念 芦屋サマーカーニバル【兵庫】
  • 7月21日/第41回香住ふるさとまつり 海上花火大会【兵庫】
  • 7月28日/第40回姫路みなと祭 海上花火大会【兵庫】
  • 7月30日/白浜花火フェスティバル【和歌山】
  • 8月5日/第47回加古川まつり花火大会【兵庫】
  • 8月5日/第71回淡路島まつり 花火大会【兵庫】
  • 8月10日/白浜花火大会【和歌山】
  • 8月15日前後/第47回吉野川祭り納涼花火大会【奈良】
  • 8月16日/宮津燈籠流し花火大会【京都】
  • 8月18日/第70回猪名川花火大会【大阪・兵庫】

 

浴衣・夏着物を身に着けて花火大会を満喫

浴衣も夏着物も夏ならではの装いです。浴衣は、普段和装を着ない人でも着やすいアイテムなので、この機会でぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。一人はもちろん、夫婦や家族みんなで、浴衣を着てお出かけするのもいいですね。

ぜひ、お気に入りの浴衣や着物を身に着けて、関西の花火大会を楽しんでみてくださいね。

※2018年6月現在の情報です。イベントは、中止・延期になる場合もあります。事前に各花火大会の公式ホームページをご確認ください。

無料体験申し込みボタン お問い合わせボタン