着楽楽Kimono教室のスタッフによるブログです。
着物の着付けに関する楽しい情報のご紹介や着付け教室の様子など、随時更新中です。
実際に着物を着てのお出かけなど、楽しいイベントレポートも満載です。

着物を着た後のお手入れは?

date2019/10/17


こんにちは(^^)

着楽楽きららkimono教室あべの校の近藤です。

 

着物を着た後ってどうしてますか?

 

着物って、脱いだ後の解放感がたまらないですよね♡

そのまま大の字になって寝てしまいたい。笑

でもそこはもう少し頑張ってお手入れです。

 

自分で出来るお手入れ方法をご紹介しますね。

簡単ですよ〜(^^)♪♪♪

 

●着物はハンガーに掛けて干します

湿気を取りましょう。

その時に汚れが無いかチェックしてください。

長襦袢も干してくださいね!

着物ハンガーはご存知ですか?

肩の部分がしゃーーーーっと伸びるんです!

 

普段はコンパクトに。

 

片方だけ伸ばしてみました。

 

 

着物の裄丈に合わせて綺麗に干せますよ。

1本あると便利なのでおススメ!

 

ちなみにこちらの着物ハンガーは社長が材質にこだわって

着物を掛けてもたわみにくく丈夫に作ったものです( ´ ▽ ` )ノ

 

●帯と帯締め帯揚げもハンガーに掛けて干します。

着物ハンガーの下段のところに干せますが、洋服のハンガーでも干せますね。

湿気を取るのとシワ伸ばし。

帯揚げなんて、めっちゃシワになりませんか?

干してたたんで、、、

こうしておくと次回使う時に綺麗な状態で使うことが出来ますね(*´∀`*)

 

帯締めはたまに房がぐちゃぐちゃになりませんか?

房も結構見えますから、きちんとお手入れしたいですね。

干した後は、房の部分を紙で巻きます。

 

房の上で巻いてから

房の方へするするするっとずらすと簡単!

半紙があれば便利ですよ。

房の乱れが気になった時は是非やってみてください。

 

●足袋は洗いましょう

よく汚れるつま先と足の裏は洗剤を直接付けて

揉み洗いしてから洗濯ネットに入れて洗濯機へ。

形を整えてから干しましょう。

 

●草履もお手入れしましょう

立てたり斜めにして干します。

湿気も溜まってますし、この時に汚れのチェックもして柔らかい布で拭いてあげてください。

 

●和装下着はもちろん洗濯!

汗を吸っているので洗ってスッキリ!

乾いたらきちんとたたんで次回に備えましょう。

 

いずれも一般的に知られている方法です。

 

先生にポイントを伺ってみました。

「着物は1〜3日ほど干しましょう。

着物も帯も草履も全て日陰で干しましょう。」

 

教室では先生方がお手入れの方法をはじめ、

着物にまつわる事を色々教えてくださいます。

実際に目で見て体験して学ぶと覚えも早く身につきますよね。

 

着楽楽きららkimono教室で着物のアレコレを学んでみませんか?╰(*´︶`*)╯♡

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

着楽楽きららkimono教室では10月生を募集しています。

・1クラス5名までの少人数制

・授業で使用する着物、小物は無料レンタル

・手ぶらで通えるように荷物置きの棚をご用意しています。

・1クール3ヶ月で期間内はいつでも何度でも振替自由

 

無料体験レッスンも受付中!